日本では賭け事は禁止されていますね。

賭博法が制定されてから日本国内での賭博は禁止されています。

そのためブックメーカーやオンラインカジノは国内での利用だから違法で利用できないんじゃないの?って思うかもしれませんが、先に結論から言うと違法ではありません。

利用しても何の問題もないのです。

というのはブックメーカーの場合は海外で運営されているサービスだからです。

海外のサービスを日本向けに発信しているため日本の法律は適用されないのです。

というのもインターネットの法律はサービスを運営している国ごとの法律に従うと定められています。

そのため、ブックメーカーが認められている国で運営をしている場合は日本の法律が当てはまらないので利用しても問題になりません。

よく日本の法律に当てはまらないから違法だ!みたいな誤った認識をしていますが、インターネットの法律に従って運営されています。

不安に感じる人もいると思いますのでまずは利用しても問題ない”合法”だということを理解した上でいかにブックメーカーが安全かを理解してほしいです。

海外のサイトは危険なんじゃないの?

日本はとても安全な国であり、海外と比べると圧倒的に治安が良いですし、日本は過剰サービスとも呼ばれているほどクオリティと安全面は高いです。

その反面、日本からしてみると海外のサイトを利用するのはイメージ的に怖い印象を抱いている人も少なくないでしょう。

ましてやブックメーカーという賭け事のサイトならばより怪しいと思ってしまうのも仕方が無いかもしれません。最初は「不正操作とかされているんじゃないの?」って思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、日本ではまだまだメジャーではないブックメーカーですが、海外では多くの国や地域で盛り上がっていて100円単位から何百万、何千万という単位で金額が動いています。

大きい大会ともなれば1度の大会で数百億円も動くことも珍しくないのです。

そのため、公正取引委員会などが常に監査しており不正がないかどうかをチェックしています。

ブックメーカーの信用度は非常に高く、国によっては銀行や官公庁を超える信頼度も超えるほどの信頼があると言われています。

また、ブックメーカーが盛んなイギリスではスタバの店舗数よりもブックメーカーの店舗があるほど文化として定着しています。

安心して利用することが出来るのです。

ライセンス制度がある

ブックメーカーが安全に利用できる理由の1つとしてライセンス制度にあると言えるでしょう。

このライセンス制度が出来る前までは悪徳業者も沢山いて、出金が出来ない、賭けに勝ったのにも関わらず反映されない、プールしたお金を持って行方を眩ませてしまったなどの件がありました。

これを重くみた警察などが取り締まっていたのですが、キリがないということでいっそのこと政府が認めたもののみライセンスを発行するライセンス制度を設けたのです。

ライセンス制度もただ申請をしてお金を支払えば簡単に許可が降りると言うものではありません。

一部の国ではお金を払えば比較的簡単に取得できる国もあるようですが、ほとんどの国では取得することが非常に厳しく審査が厳しいところがあります。

特に、イギリス領・ジブラルタルマルタ共和国は取得難易度が厳しいのが特徴です。

大手サイトはこのどちらかを取っていることが多く信頼性が高いと言えるでしょう。

他にはフィリピンやオランダのキュラソー領などでも取得をすることが出来ます。ライセンス制度によってプレイヤー側としても安全にベッディングすることが出来ます。

オンラインカジノで逮捕者が出た(無罪)

まず勘違いが起きないように先に言っておきますが、オンラインカジノもブックメーカーも合法であり、逮捕されましたが不起訴(無罪)となりました。

ブックメーカーとオンラインカジノはインターネット上でベッドをするということで似たようなサービスですし、オンラインカジノとブックメーカーを一緒に運営している会社も珍しくありません。

ブックメーカーの大手サイトで有名なウィリアムヒルや10betなどもブックメーカーとオンラインカジノの両方を運営しています。

オンラインカジノとブックメーカーもインターネット上でギャンブルを行っているので似たようなものですので、オンラインカジノで逮捕されたのであればブックメーカーも違法なのでは?って思うかもしれません。

しかし、逮捕=違反したわけではありません。どうしても逮捕とニュースなどで聞くと違反というイメージが付いてしまうわけです。

オンラインカジノで逮捕された件ですが、2つのパターンがあります。

1つは運営者が逮捕された事件。もう1つはプレイヤーが逮捕された事件です。

そしてまず先にプレイヤーが逮捕された件の真相は不起訴(無罪)となりました。それを踏まえた上で真相を説明していきます。

運営者が逮捕された件

オンラインカジノの運営者が逮捕された事件ですが、これは本社はオンラインカジノの運営許可を貰っている国においてあったのですが、実質的な拠点としていたのが日本であったために逮捕されてしまったのです。

これは実質的に日本で運営をしていたため法に触れた為に逮捕されたと言うこともあり、運営会社が悪いわけですので別に業界的にも何も影響がありませんでした。

プレイヤーが逮捕された件

多くの人が不安に思っているのがオンラインカジノのプレイヤーが逮捕された件だと思います。

たしかにSNSやブログ上で収支を公開していた人などが逮捕されてしまったようです。

しかし、この逮捕された事件の真相は略式起訴と不起訴(無罪)に終わったのです。

略式起訴とは
通常の起訴手続きを簡略化し、略式手続きで処分を終わらせ裁判をせずに自ら罪を認めるもので、簡単に言うと罰金刑です。
逮捕された人のほとんどが略式起訴だったのですが、逮捕されたことに不服を抱いた人が裁判で争う姿勢を見せました。
すると検察側は起訴を取り下げて不起訴(無罪)としたのです。
つまり検察側は何がしたかったのかというとあくまでも予測ですが、オンラインカジノはインターネットの法律を守っているため違法ではないため取り締まることは出来ないが、逮捕者が出たということでオンラインカジノ業界全体のイメージダウンを図ろうとしたのですが、まさか裁判で争うとは考えられなかった為に慌てて起訴を取り下げたのです。
これによってオンラインカジノは現状の法律では違法で無いという裏付けにもなりました。
一時期オンラインカジノとブックメーカーのプレイヤーが離れていきましたが、これによって安心して利用することが出来るようになったのです。
また日本の法律というのは過去の判例を重視するため、今後法律を無理やり変える程のよっぽどのことがない限り逮捕されることは無いと言って良いでしょう。
ましてや運営しているブックメーカーやオンラインカジノの運営会社は厳しい審査をクリアして政府からライセンスを発行して貰ってお墨付きを貰っているわけです。
一部上場企業や世界的に名だたる企業が連なっているわけですから安心して利用できます。

まとめ

ブックメーカーとオンラインカジノは同じように海外のサービスを利用してギャンブルを行うわけですが、日本でも問題なく利用することが出来ます。

違法なのではないか?って不安になるのも当然だと思いますし、そこを明確に自分の中で違法ではないと理解しないと不安が付きまとってしまいますよね。

とはいえ過度にブックメーカーやオンラインカジノでの収支報告をSNSやブログに書いたりして目に止まるような行為は避けたほうがいいと思います。

普通に楽しむために利用する分には何の問題もないということは理解してほしいです。

おすすめの記事