eスポーツというのは日本でも名前を知っている人が徐々に増えてきており定着してきつつあります。

eスポーツもブックメーカーでベットすることが出来るのでeスポーツの魅力について説明していきます。

eスポーツを知る

eスポーツをブックメーカーでベットするためには具体的にeスポーツについて把握しておくことが大切です。

eスポーツとは

eスポーツというのはゲーム好きなら当然知っていますし、ゲームをそこまでしないという男性ならば名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多いです。

eスポーツの正式名称は「エレクトロニック・スポーツ」であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使ったスポーツ競技のことを指します。

ゲームなのにスポーツ?って思うかもしれませんが、対戦ゲームや一人称視点のゲームなどはかなりの反射神経が求められますし、戦略ゲームに関してはかなり緻密な計算と戦略が練られるわけです。

チームプレイに関してもいかに相手を倒すかを綿密な計算で1人1人役割を持って行動をしています。

もはやゲームの枠組みを超えているのです。

実際にアメリカではもはやeスポーツは正式なスポーツとして認識されています。

昔だったらゲームと聞けば世間のイメージは「オタク」で白い目で見られていたかもしれませんが、eスポーツの大会はもはや何万人もが訪れるほど観客を熱狂させるのです。

そして世界中でeスポーツ市場は年々成長を続けていて、世界のeスポーツ市場では2018年で16億ドルに達しており、2021年には21億ドルを超えるという試算がされています。

さらにeスポーツを観戦する人たちも年々増加傾向であり、年間の平均成長率は14.4%に達すると言われているため賞金金額はどんどん増えてきており、世界的な大会ともなれば賞金総額25億円以上、優勝賞金が10億円を規模の大会まで行われているのです。

優勝賞金だけを見ると世界のスポーツ市場の中でもかなりの高額になってきているのです。

eスポーツだけでなく、Youtubeなどでもゲームの実況動画人気だったりと潜在的に多くの人がゲームというものに興味があるのです。

eスポーツは今後ますます注目される

eスポーツはどんどん注目されていくことは間違いありません。

アジアオリンピックの正式種目

アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するアジア競技大会において2022年に中国・杭州で開催予定のアジア大会では正式種目としてesportが採用されることが決まっています。

どんどん市場自体が大きくなってきており、ゲームの種類もバリエーション豊富に行われています。

世界中で人気のあるゲームを極めた人同士の熱い戦いというのは見れば分かりますが、本当にゲームの域を超えています。

対戦ゲームなどではゼロコンマ何秒の世界と言われています。

自分達が楽しく遊んでいるゲームを極めた人同士のプレイというのはものすごく見ごたえがあるのです。

日本も法改正の動き

日本は法律の関係上賞金設定が低いです。正直海外と比べてしまうと10分の1どころではなくなっています。

しかし、今は日本ではプロゲーマー育成の専門学校が誕生したり、スポンサーがプロゲーマーなどを雇ってゲーム寮などのゲームに集中できる環境を整えてきたり、優勝賞金の法改正などが行われる動きが出てきています。

昔と比べるとプロゲーマーを目指しやすい環境になってきているのです。

eスポーツベッティングできるおすすめサイト

eスポーツに興味がある!という人は是非ともブックメーカーでeスポーツ競技にベットをしてみてください。

もちろん観戦しているだけでも楽しいです。競技も沢山あるので自分が好きなゲームのプレイを見たら想像以上に盛り上がります。

ただ、どうせ見るのであればお金を賭けてどちらが勝つかを予想することでもっと盛り上がることは間違い無いでしょう。

そこでeスポーツに積極的なブックメーカーサイトを紹介していきます。

10Bet
24時間のサポート体制で初めて利用する人でも安心!

ブックメーカーとオンラインカジノの両方が利用できる10Betですが、eスポーツにも今後積極的にベット出来るように広げていっています。

色々なものを1つのサイトで利用できるのも魅力ですが、何よりも日本人スタッフによる24時間サポートを行ってくれるので初めて利用する人でも安心して利用できます。分からないところがあればすぐにサポートスタッフが対応をしてくれるのが非常に心強いです。

業界最高レベルのボーナスも充実しているので必ず利用しておきましょう。

ウィリアムヒル
世界三大ブックメーカーの1つでeスポーツも豊富に用意

ウィリアムヒルは名前ぐらいは聞いたことがあると言う人も多いほど世界的な大企業です。オンラインカジノとブックメーカーの両方が利用できますが、特にブックメーカーに関しては世界三大ブックメーカーの1つです。

ブックメーカーのバリエーションは多岐に渡っており、当然eスポーツも沢山の大会にベットをすることが出来ます。いち早く日本語化し、日本人スタッフでのサポート体制を敷いたりと、健全でプレイヤー視点に立った運営を心がけているのが特徴です。

NetBet
150種類以上のeスポーツベッティングが楽しめる

NetBetはeスポーツの賭けの対象が豊富で150種類以上も賭けの対象があることも珍しくありません。オンラインカジノでは独自のゲームソフトウェアを作り提供もしています。

ブックメーカーにおいては日本限定のプロモーションを展開していたりするのでボーナスが沢山欲しい人にもオススメです。さらにスマホの操作性も非常に見やすくインターネットに詳しくないと言う人でも直感操作で利用することが出来ると評判です。

まとめ

eスポーツは今後ますます世界的に見ても市場規模が増えてきますし、アジアオリンピックの正式種目に採用されることが決まっているなど、どんどん広まっていきます。

日本でも法改正が進み、主にプレイヤーが活躍して多くの人が参入できる土台形成がされることで観戦する人も増えていくことからゲーム市場の発展に繋がっていきます。

ブックメーカーを利用すれば気軽にeスポーツにベットすることが出来るのでeスポーツに興味がある人は利用してみましょう。

おすすめの記事