ブックメーカーってなんとなく分かっているけれどいまいちピンときていないと言う人も居るでしょう。

たまに海外のスポーツニュースなどでブックメーカーと言う名前が出てくることもあります。

ブックメーカーと言うのは

スポーツの勝敗にお金を賭けることができるサイトです。

誰もが一度は「この試合でお金を賭けることが出来たら絶対にもっと楽しいだろうなぁ」って考えたことがあると思います。

ただし、残念ながら日本の法律では賭け事は禁止されています。

それを気軽に賭けることが出来るのがブックメーカーであり、ブックメーカーは別名「スポーツベッディング」とも呼ばれています。

日本でも利用できるサービスであり、徐々に人気が高まっています。

ブックメーカーが違法なのではないと不安に感じている方はこちらをご覧下さい。

ブックメーカーのはじまり

ブックメーカーとは政府公認の賭け屋であり、始まりは18世紀末にイギリスの競馬からと言われています。

ブックメーカーの本場であるイギリスでは1960年前までは悪徳業者が多く存在していた為に政府がライセンス制度を設けて公認したのです。

ライセンス制度によって安心して利用できるようになり今では市場規模はイギリスだけでも5000億円、プレイヤー数は欧州だけでも100万人以上といわれているほどの大きな市場です。

ブックメーカーはインターネットのサービスだけではなくて実店舗も多く存在し、その数は世界的な多店舗を誇るスターバックスの数よりも店舗数が多いとさえ言われています。

ブックメーカーの本場であるイギリスでは日常生活に当たり前にあるものとして老若男女問わず家族や友人・恋人同士などで楽しんだりしています。

ブックメーカーはブッキー(bookie)などと呼ばれたりもします。

ブックメーカーでは運営会社独自の配当倍率を設け、結果が出るまで変動します。

賭けの対象としては多岐に渡りサッカーや野球、ボクシング・クリケット・ラグビー・競馬・レースなどの世界的に有名なスポーツの勝敗だけでなく、ハンデ戦や個人を対象にした賭けなども出来たりと賭けの対象はスポーツだけではなくてアメリカの時期大統領を賭けたりなどの政治や経済だったり、ミスワールドや果ては天気などを賭けたりすることが出来るのです。

友達同士でお酒を飲みながら見たり家族でスポーツ観戦をしながらピザを片手にお父さんがブックメーカーで賭けたりしながらワイワイ楽しんだりするのは当たり前のことで非常に親しまれている歴史あるサービスとも言えます。

日本でも大きなスポーツ大会などがあるとたまに「ブックメーカーのオッズでは○○が優勢」みたいにコメントを出したりしているので名前ぐらいは聞いたことがあるという人もいるでしょう。

日本ではブックメーカーってなんとなく名前ぐらいは聞いたことがあったり、海外のギャンブルサイトでしょ?ぐらいの認識を持っている人もいると思いますが、インターネットの環境が整ってきている今では売り上げの半数以上がオンラインベッティング(インターネットサイトでの賭け)になっています。

さらにヨーロッパだけではなくアジアでも人気があり利用者も年々増えてきていて今では数十兆円の市場規模にまで増えています。

ブックメーカーって難しい?

海外のサイトだからといっても難しく考える必要はありません。

ブックメーカー投資の始め方はとても簡単ですし、日本語・日本人スタッフがサポートをしているところも増えてきています。

基本的な流れとしては

  1. まずは投資するブックメーカーを選択する
  2. 登録をしてアカウントを作成する
  3. 指定された口座へ投資資金を送金する
  4. 賭けたい試合を選んで金額を選ぶ
  5. 勝敗予想が外れたたら賭け金がなくなり的中すればアカウントへ「投資金×オッズ」で支払われる
  6. 投資金を引き出したい場合は、アカウントから自身のオンライン口座へ送金する。

以上の流れがブックメーカーの簡単な始め方になります。

もっと詳しく流れを知りたいという方はこちらをご覧下さい。▼

 

利用するにあたって特に日本のインターネットサービスを利用するのとさほど変わりありません。

どんなインターネットサービスであろうともアカウントを作成するときまでは面倒と感じるかもしれません。

しかし、アカウントを開設し、入金さえしてしまえば、1度きりですので、後は24時間いつでも場所を選ばず、好きなスポーツに賭ける事ができるようになります。

まとめ

ブックメーカーは海外のサイトではありますが、安心して利用することが出来ます。

日本ではまだまだ知名度的には低いかもしれませんが、今後どんどんプレイヤーの数は増えていくことでしょう。

自分の好きなスポーツや政治経済の分野など自分の得意とするフィールでベッドをすることが出来るのがブックメーカーの魅力と言って良いです。

1度登録さえしてしまえば後はもう問題なく利用できるの是非とも利用してはじめてみましょう。

おすすめの記事