安全な世界ではない

この業界に入ったからには自分でちゃんと自分がどんな業界に入っているのかを自覚し、甘い世界ではないということは確かです。

楽観視していたら大変なことに

本当に大切なのは自分の身は自分で守るということが非常に大切になってくると思っていいでしょう。前までだったら社会がちゃんと守ってくれる時代でしたが、今はもう違っているのです。弱肉強食の時代へとやってきたのでその場その場で流されるのではなくて気をつけることが大切です。

誰かが助けてくれると思ったら大きな間違いです。たとえば飲食関係やチームワークなどが必要な職業では必然的にお互いを助け合ったりしますが1人でも出来てしまうことは結局1人でこなさなくてはいけないことなのです。

誰かが助けてくれるだろうと思っていたら自分に甘えてしまいます。自分勝手な世の中に浸っていれば必然的に搾取されてしまう世の中なのです。

自分で考えずに流されてしまっては結局のところ風俗業界へと足を運んでしまいます。誰だっていきなり風俗業界で働こうとは思わないでしょう。

きらびやかな世界でまっとうな仕事をしていこうと思うのは誰だって思います。それが勉強が面倒だ、仕事が面倒だと考えているからこそそういった世界に身を置いてしまうので気をつけなくてはいけませんね。

自己保全でやっていくしか道はありません。今は昔と違って会社や国が守ってくれているほど国が潤っている訳ではないのです。時代が変われば事情も変わってきますのでだらだらと適当に生きていればいいというわけにもなくなってのです。決められた時間働いて長い間働けば昇給していくというわけでもなくなったのは誰もが知っています。それでも行動に移せないという人もたくさんいます。

ここで動けるようになりましょう。出来ることならば風俗で働かないように常日頃から適度に頑張れるようになりたいですよね。